東京における葬儀事情

現在の高齢化社会において、葬儀の数は増加傾向にあり、特に人口が密着する東京では葬儀場や火葬場が順番待ちで、亡くなってもすぐに執り行えない状況になっています。東京で葬儀を執り行う際は、自宅やマンションは狭いことや、参列してくださる方の駐車場の確保ができないといった事情から、どうしても斎場やセレモニーホールを利用するようになります。焼香に来た一般の参列者の方を、式場での焼香後に、お寿司やオードブル、煮物、そしてお酒などで振舞い、それに箸をつけることが故人を偲ぶための通夜振舞いと呼ばれていますが、遺族のみが食事をとる関西地方とは違った風習です。最近はご近所付き合いが減った東京では、隣組の方達のお手伝いもあまりみかけまさん。また、会社の方やご友人、多くの親戚を呼ぶ形式ではなく、家族だけで執り行う「家族葬」といった形式も増えています。

東京の葬儀形式の変化

人口が密集した東京の葬儀は高齢化社会に伴ってこれから増加傾向にあります。近所付き合いが減り、隣組という存在を知らない世代が多くなり、実際に隣組がお手伝いをしに来る事は殆どみかけなくなりました。故人の会社関係の方やご友人、多くの親戚に参列していただく形式が一般的ですが、最近では家族だけで執り行う「家族葬」という形が増えており、セレモニーホールでも家族葬向けの小さめの斎場を作るところが多くなっています。残された家族の負担を減らし、葬儀にはお金をかけたくないと思う考え方が増えているのでしょう。高齢化社会で亡くなる方が多くなり、火葬場が混んでいて、すぐに対応できずに順番待ちで、故人が亡くなってから数日後に通夜といったこともあります。火葬場や葬儀場の建設においても、地域住民の反対などの事情があってままならないのが現実です。

東京の葬儀会場が、昔と違う

東京の葬儀会場は、一つの建物内で全て揃っています。通夜を自宅で出来ない場合には、この会場で全て出来ます。通夜から告別式・火葬・初七日まで全て行う事が出来ますので、アチコチに移動しなくて済むので、とても楽です。火葬する場所は、昔は火葬場が凄く離れていた為に、バスで移動して時間が掛かっていました。今では、同じ敷地内に火葬場があるので、徒歩で行けますので、時間にムダが無いです。遠方から来てくれた親戚の人などにも負担が少なくなった分、時間も早く終わる事に繋がります。今の葬儀は、数日に分けて行う事は、しません。1日で全て行うので、初七日まで全て行ってしまいますので、何泊もしなくても良くなります。東京の葬式を行う会場を探す場合には、何処の場所がオススメなのかも教えてくれる場所があります。フリーダイヤルですし、24時間体制で連絡が繋がるので、助かります。

「早割」は入会費500円・月額0円で葬儀費用が最大6.6万円安いサービスです。 「小さなお葬式」は葬儀に必要な品目の原価を見直し、必要なものに厳選したお葬式を提供します。 電話・メールなど24時間対応可能です。 葬儀は19万3千円・34万3千円・49万3千円の3プランから選べ、追加料金一切不要の定額葬儀をご提供。 「早割」を事前に申し込むと小さなお葬式の葬儀プランが最大66,000円安いです。 東京の小さなお葬式の葬儀